So-net無料ブログ作成
検索選択

対照的な小梅とちゃちゃ [病院]

ちゃちゃまるの治療に合わせて小梅のフィラリアの
お薬をもらいに行きました

 
   ちゃちゃの治療を診察室の隅っこで見つめる小梅
   「思いっきり隅っこに居るね~ ^^」 と、獣医さん

 
    診察台には、おとなしく治療をうける  ちゃちゃまるが
                
                 


   小梅は、というと。。。耳ピトでゴマちゃん状態(笑)
   写真なんて撮っていないで助けて~  目で訴えています ^^;

小梅はただ健康状態を診て頂いただけなのにねぇ~

             

ちゃちゃまるは、以前は隙があれば逃げようと必死でした
あんまり暴れるので、洗濯ネットに入れて治療をしていたのですが
今ではこんなに静かに落ち着いて治療を受けられるようになりました
年齢のせいもあるだろうし、治療を受けることで体も楽になれることを
悟ったのかもしれません
注射はちょっと痛いけれど、それ以上の嫌なことは何もされないものね

小梅は、病院大好き、獣医さん大好き、診察台だって だ~い好き、でした
それが最近では診察室の前で踏ん張ります
診察台の上では獣医さんと目を合わせないようにしています(笑)
隙あればおかあさんの胸に逃げ込もうとします
もの心がついて、診察台に上がると注射されて痛かったとか、おちりに
体温計を入れられてイヤだったとかを思い出して嫌がるようになったのね
「一言で言えば、大人になった、ということですよ、どの子もみんな同じです」と
獣医さんが笑って言います
怖がって震えるということじゃないので、全然心配はしていませんが
小梅とちゃちゃの対照的な変化が、ちょっとおもしろいなぁ~と思いました

           
           
           

診察のあと、病院近くの公園で水遊びをしました


   人工の浅い川が流れています
             冷たくて気持ちいいね


   診察も終わり、水遊びもできて、いつもの笑顔になりました~♪


nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。